Home


戻る

CS-PCMチューナー 同軸デジタル出力端子増設

CS-PCMチューナー(MDR-1000)には、光デジタル出力端子(1)・アナログ出力端子(1)
しかないので、DAC2.6とMDに接続するため同軸デジタル出力端子を2個増設しました。
改造はPractSoundSystemにお願いしました。


チューナー内部
tuner1

端子部分内部(改造後)
tuner3

端子部分外部(改造後)
tuner4


音が途切れるので、CS-PCMチューナー(MDR-1000)とアンテナ(FMB-3004)を無料交換してもらいました。
もう何年使っていただろうか?
故障内容は、音が途切れる他に、電源スイッチが1度では入らず2度押さないと入らないこと。


前から気になっていた電源トランスの熱は、改善されてケースを触っても熱くない。
交換して音が良くなった感じです。
(前は同軸に改造していましたが、基板移設が面倒だったので下の変換器を使用)


オーディオテクニカAT-DSL11(光・同軸→同軸・光変換器)
at-dsl11

進む