Home


戻る

MDデッキ MDS-JB940 クロック交換

md_clock
クロック交換部品

交換作業を予定していましたが、Practさんの掲示板でソニーのCDP X-5000の
クロックが話題になっており、このMDデッキ MDS-JB940も同じDACを使ってい
るのではないかとPractさんから指摘を受けました。このようなことで、下手
に手を付けて買ったばかりのMDデッキを壊してもいけないので、今回はPract
さんのところに持ち込んで改造をお願いしました。


このデッキに搭載されている3個のクロックは、45.1584MHz SMDタイプ・32KHz カンタイプ・10MHz セラロック
で、どれも同期はされていません。又、45.1584MHzは他の2個とは、アースラインも区別されており、専用デコー
ダ(VC24Plus)に直接入っているようです。試しに45MHzだけを外してみましたが、MDメカは動作しませんでした。
つまり、MPUチップに入れられている他の2個のクロックは、駆動系とは関係ないということです。
45MHzがデコーダ以降のDAC部分と駆動系の両方に使われているので、これ1個を交換すれば問題ありません。


clock1  clock2

改造されたMDデッキが到着しました。

jb940_zentai  jb940_clock1

jb940_clock2  jb940_clock3


録音生MDは、TDKのXA−PRО74ではなくソニーのMD2000という最高級品を使いました。

安物のMDデッキ(39,800円で新品購入)ですから、あまり期待はしていませんでしたが、元CD
と聴き比べても遜色なく、細部まで忠実に再生してくれました。もちろんDX3Aを繋いでの録音。


馬鹿にしていたMDも捨てたもんじゃないね。


CS−PCM放送を夜間MDデッキで録音するために多機能プログラムタイマーを導入しました。
機種はMDデッキと同じメーカーのソニー PT−D9Wを選びました。


timer