Home


イヤースピーカー用真空管式ドライバーユニット3号機の製作

ある掲示板を見ていたら、ドライバーユニットの記事が出ていたので作ってみました。


■アンプ部

stax3_02

初段:Ip=0.5mA×2、Ep=165V、bias=Ek=1.5V
終段:Ip=3.75mA×2、Ep=約180V、bias=Ek=7.5V


C-=CRDを経て-5Vへ
CRD=定電流ダイオード(1mA)
VR=50k〜100k
R=1/2W型
C=0.1μF/630V耐圧のフィルムコン


アンプ部の調整箇所はありません。
プッシュプルになった2管のプレート電圧に30V以上の差が出たら、もう少しましな球に交換。


■電源部

stax3_03

トランスはソフトンのM2-PWTを使用。
*=ヒーター電圧が6.3Vになるように要調整
C-は-3V以上あればOK


※(この回路図は、ぺるけ氏が書かれたもので掲載については許可を得ています)


アンプ部は2号機と同じようにガラスエポキシ基板で作りました。
フィルムコンはアムトランスのAmcoシリーズを、
抵抗はニッコーオムと手持ちの安いやつを使用。

stax3_01

トラブルも無く完成しました。
プロバイアス電圧が低いのか、又はフィルムコンデンサが2号機と違うのか、少しおとなしい感じですね。

stax3_04  stax3_05

エアコン・ホットカーペット等を消してのチェックではハム音は確認出来ませんでした。
2号機に近い音に近づいてきた、これなら問題ない。

stax3_06