Home


フィリップスTDA1554Qパワーアンプの製作

オーディオワークスで発売されているフィリップスTDA1554Qパワーアンプ基板キットと
TDA1554Qパワーアンプ用トロイダルトランス電源基板キットで作ったパワーアンプです。
以下のものがキット内容です。これ以外に基板に挿すピンかありますが使用しないので写っていません。

tda1554q_01  tda1554q_02

一気に作ってしまいました。間違えるところもないくらい部品数も少ないです。
トランスを除くと、電源とアンプでIC込みで9個だけです。
ボリュームは、東京光音プラスチック抵抗ボリウムCPシリーズの100K(2CP-601A100K)を使用。
※ツマミはSATRIアンプに使用されているものを試聴屋から購入。高級感がありケースによく合います。
電源スイッチは、ミヤマ電器のDS-850を使用。

tda1554q_03  tda1554q_04

心配していたポップノイズも無く、非常にクリアーな音です。
tda1554q_05

オンキョー インテグレーテッドアンプ A-905FX

フィリップスのTDA1554Qパワーアンプから、オンキョーのインテグレーテッドアンプA-905FXに交換。
これを選択した理由は、ラックの空きスペースに入ること・値段が安いこと・DIRECTボタンが付いていた・
モータードライブボリュームが付いていたということでしょうか。ちなみに値段は送料無料の31,850円。
それと、本機がパワーアンプとしても利用可能なことかな。



音質調整をオフにするDIRECTボタンとモータードライブボリューム
只今、DIRECTボタンをオンにして鳴らし中!!

905fx_02