Home


TDA1543 真空管バッファDACの製作

tube_01

これだけの部品ですから、すぐに完成しました。
ただ、3端子の予備がなくなってしまったので、1ヶ所だけショートしてあります。
下の写真を見れば何処かわかりますね。電圧も9V以上になるため音が良くなるかも?
レシーバはCS8414もありますが、半田付けが面倒なのでCS8412を取り付けてあります。
ACアダプターは秋月の12V1Aを使用。

tube_02

ケースに収納し音出し中です。真空管はソブテックの6922しかないのでこれでチェック。
今週中には、各メーカーの6922兄弟が届きますので、聴き比べしたいと思います。
ちなみに、ソブ6922でもノイズは出ていません。

tube_05

tube_03  tube_04

各種集めた真空管たちSOVTEK6922・Philips ECG 6922・6DJ8-EI Elite Gold・PCC88-MWT etc
この中で、どの真空管が選ばれるのでしょうか・・・。
聴き比べした結果、残ったのはPhilips ECG 6922でした。

tube_08  tube_09

上部に真空管が飛び出るのでケースを交換しました。
tube_10

ケース交換と同時に、光入力も外し同軸のみとしました。
tube_11  tube_12

球バッファのSOP版です。
tube_14  tube_13