Home


DSIX第10.6世代機を参考にした自作品の製作

※この基板が配布された条件
この基板は、じんそん氏が仲間内に配ったものであって、無差別配布されたものではない。
じんそん氏と友達にならないと、入手は無理でしょうね。


jinson106_01

■■ 注意 ■■
MJ誌2004/2月号に載っているDSIX第10.6世代機の電源回路にあるブリーダー
抵抗が金皮100KΩ1/2Wになっていますが、これは100Ωの間違いです。


この基板を2枚入手しました。
とりあえず1枚目の製作は、1本20円の金皮とかОSコンデンサなどを使用しないもので作ります。
どんな音になるのかな?


ケース加工が終わりました。電源スイッチとLEDは必要ないが手持ちがあったので付けました。
jinson106_02  jinson106_03

パルストランスを残して部品をすべて取り付けました。
VHCU04は基板の裏に付いてます。

jinson106_04

ピッタリのコアがあったので使用しましたが、やはり音は出ませんでした。
※コア(FT-50-77)に細いビニール線を適当に巻いて、基板に繋ぎ音の出ることを確認しました。

jinson106_05

コア(FT-50-77)にETFE線0.4mmを巻いてみました。
jinson106_06

ACアダプターは秋月の9Vのものを使用。
jinson106_07  jinson106_08

進む