Home


K&R フォノイコライザー RIAA EQ.type1の製作

このレコードプレーヤー(オーディオテクニカAT-PL300 BK)にフォノイコライザーは必要ないと思いましたが、何か作ってみたくて約2年
ぶりに半田こてを握っての製作です。2年前に作ったのが
コレです。

フォノイコライザーはK&RのRIAA EQ. type1のキット・電源はmi-takeのDC-DC(LT1054)電源基板(±12V200mA、+5V200mA 3出力)の完成品
スイッチングACアダプターは
秋月電子の15V1.2AのACアダプターを使用しました。
なお、ケースは
奥澤のO-20(300×150×60 t=1.0)が余っていたのでこれを利用しました。電源スイッチとRCAジャックも手持ち品です。
eq01_70

eq02_70  eq03_70

eq04_70  eq05_70
電圧チェックとDCオフセットを調整して完成!(2016年11月29日完成)
イコライザー基板の左のスペースは、将来
K&RのMC ヘッドアンプ type1も組み込めるようにスペースを空けてあります。
MC ヘッドアンプ組み込みより、プレーヤー(色々試したがハム音が取れない・音楽を聞くのに支障はないので少し我慢)の買い替えが先かな。

eq08_70

電源基板のコネクタの手持ちが無いので裏で電線を半田付け・イコライザーアンプのオペアンプは交換せず(交換予定もなし)。
eq07_70  eq11_70

eq09_70  eq10_70