Home


Web版 FET差動バランス型ヘッドホンアンプ(プリント基板仕様)の製作

Web版 FET差動バランス型ヘッドホンアンプ(平ラグ仕様)の製作はこちら

お気に入りのWeb版 FET差動バランス型ヘッドホンアンプ(平ラグ仕様)を、もう一台製作することになりました。
しかし、あの平ラグ二段重ねはもう二度と手を出したくないと思っていたところ、ぺるけさんのリンクにあった
JA1WBYさん
ぺるけ@版 FETバランス式 ヘッドホンアンプ VerV」で、プリント基板を使って製作する記事が目に留まりました。
このプリント基板はタカチのケースHENシリーズにも対応しているので、即これで製作することにしました。


bal08

これが使用するプリント基板です。
プリント基板の仕様等については、「
ぺるけ@版 FETバランス式 ヘッドホンアンプ VerV」を参照して下さい。
bal01  bal02

ケースはこんな感じです。隙間が少ないので、うまく配線できるかな?
ぺるけさん設計のヘッドホンアンプを複数所有し、ケース・部品位置も同じなのでこの写真のみでご勘弁。

bal03_70

プリント基板に部品を取り付け。一度、プリント基板で作ってしまうと、もうあの平ラグ二段重ねには戻りたくない。
bal04_70

ケースに組み込む前に電圧チェックしたら数値が違うので、再度基板をチェックしたら、半固定抵抗器のところを一箇所半田付け忘れ。
bal05  bal06

bal07

配線も終わり電圧チェックののち仮音出しも問題なし。ケーブルの処理をしてケースカバーを取り付けエージング。
メリハリの利いたあの音が・・・。
プリント基板を使った製作記事を書かれた
JA1WBYさんに改めて感謝!!
bal09_70

ミュージックバードをFOSTEX HP-7A経由で鳴らしてます。考えてみれば、OPアンプ式のバランス型ヘッドホンアンプを
作って(続いて、Web版 FET差動バランス型も製作)から、CQ版のヘッドホンアンプは一度も音を出してないなぁ。

bal12

年末(2010年)から1ヶ月掛かって製作したぺるけさん設計のヘッドホンアンプ4兄弟
bal10  bal11

20110209_01_70  20110209_02_70

20110209_03_70  20110209_04_70

FOSTEX HP-7Aのラインアウトをオーディオデザインのラインセレクター(HAS-3L)で切替。赤ケーブルはBELDENの88760です。
20110209_05_70  20110209_06_70

AKG K701を平衡型ヘッドホンに改造

このAKG K701が製造中止のようなので急いで注文。即納ではなく10日ほど待たされてようやく到着。
写真はないが、ついでに交換用イヤーパッドも購入しておいた。

k701_01_70

k701_02_70

SONY MDR-CD900ST同様、購入後すぐにケーブルを切断する。
k701_03  k701_04

赤(右Hot)・黒(右Cold)・黄(左Hot)・白(左Cold)で間違いないと思いますが、改造時にはチェックして下さい。
k701_05

数分で完成し音出しも問題なし。
k701_06_70